根鉢植物

クイーンパーム

高さ25m、幹は灰色で、直径60cmまでのヤシの木。葉は互生し、長さ2~3mの掌状で、典型的な下垂型の葉柄を持ち、羽状に細かく分かれることから、「スジミココヤシ」というニックネームがある。特に水辺(プールや池)の装飾や、エレガントな並木道に最適。

詳細

チャメロプス・フミリス

チャメロプス・フミリスは、パルミットまたはパルミテラと呼ばれ、ヨーロッパ大陸に自生する唯一のヤシ科の木で、チャメロプス属の唯一の種である。スペインの地中海沿岸に広く分布するカリスマ的存在で、市場には出てこないが、柔らかい蕾は食用にされる。

詳細

カナリーヤシ

大型のヤシの木(高さ10〜30メートル)。太く非常に革質の幹(支柱)と、密な羽根状のシュロの葉(ヤシ)は、大きさ2〜3メートル。花はオレンジ色の房状に密集して咲く。果実はデーツより小さく、食べられない。通常、カナリア諸島の海抜10〜500mの低地に育ち、植生の一部となっている。

詳細

ナツメヤシ

ナツメヤシは、通称ナツメヤシ、ヤシ、フェニックス、またはタマラと呼ばれる。食用の果実はデーツであるヤシの木で、西南アジアが原産と考えられている。植え付けの適期は、春(霜の降りる時期以外)から真夏にかけて。

詳細

ワシントンヤシモドキ(個別の植物)

ヤシ科の樹木で、高さ15〜25mの強健で細長いシンプルな幹は、根元が太く、落ち葉に覆われて美しい十字模様を形成し、時間の経過とともに消えていく。扇形の葉は、若いときには長く白い糸があるが、年とともに消え、半分に分かれて、節は垂れ、長い葉柄の縁には棘がある。

詳細

Washワシントンヤシモドキ(植物のグループ)

ヤシ科の樹木で、高さ15〜25mの強健で細長いシンプルな幹は、根元が太く、落ち葉に覆われて美しい十字模様を形成し、時間の経過とともに消えていく。扇形の葉は、若いときには長く白い糸があるが、年とともに消え、半分に分かれて、節は垂れ、長い葉柄の縁には棘がある。

詳細

ワシントンヤシ

別名「カリフォルニアパーム」とも呼ばれる、ヤシ科の樹木の一種。カナリーヤシ、ナツメヤシ、チャメロプス・フミリスとともに、地中海沿岸の気候でガーデニングに使われる主要なヤシの一種である。フェニックス属との主な違いは、掌状葉(羽の棘のように葉柄に沿って並んでいるのではなく、葉柄の先の同じ点から放射状に出ている)であること、幹がずっと細く、背が高い(15m以上)ことである。

詳細