柑橘類

Citrus Limon
レモン

たくさんの枝がある樹冠は広がっており、葉は楕円形で、革のように光沢のあるマットグリーン(5~10cm)、先端は尖っていて、縁には波状または細かいギザギザがある。花は、一般に(オレンジの木と同様に)オレンジブロッサムまたはオレンジの花と呼ばれ、外側がピンクまたは紫色を帯びた厚い白い花弁で、多数の雄しべ(20~40本)がある。赤味を帯びた芽から単数または対で発生する。

詳細

Citrus Reticulata
ミカン

植物学的にはミカン科ミカン属(1600種以上)に属する樹木で、オレンジの木に似た特徴を持つが、より小型で回転楕円体である。果肉は、ビタミンCやフラボノイド、エッセンシャルオイルなどを多く含む果汁の詰まった相当数の房で構成されている

詳細

Citrus Sinensis
オレンジ

常緑の小高木で、樹冠は丸く、多かれ少なかれ棘がある。葉は7-10cmの広い楕円形で、葉柄は適度に翼状に広がっており、この点がダイダイと区別される。果肉は膜が薄く、色は黄橙色から黄色で、ダイダイより薄い。また、葉がより細長く、ダイダイのようなハート型ではないこと、そして何よりも、苦みがなく、酸味や甘味はある果実の味によって区別される。

詳細

Citrus Caviar
キャビアライム

シトラスキャビアとして知られるオーストラリアン・フィンガーライムは、クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州の沿岸地域、低地の亜熱帯雨林の下層にある低木または小高木である。株は高さ2〜6mになる。野生の低木のような形で、非常に棘がある

詳細

Citrofortunella floridana
ライムクアット

低木のような形で育つ小さな木。葉は柑橘系の形をしているのが特徴。若木のときから豊富な果実が収穫できる。果実は小さく楕円形で黄緑色、種または種皮を含む。甘みのある皮と、ライムに似た苦味と甘みのある果肉が特徴。丸ごと食べたり、ジュースにしたりできる。ビタミンCを相当量含み、強い酸性を示す。

詳細

Citrus Fortunella
キンカン

キノトと呼ばれるオレンジの品種と混同されることが非常に多い小さなオレンジの木、キンキツ、キンカン(Fortunella spp.)は、柑橘類(Citrus spp.)に近いミカン科の低木の果樹で、交雑が可能。中国原産で、19世紀にヨーロッパに伝わった。現在では原産地のほか、南ヨーロッパ、アメリカの一部地域、アルゼンチン、メキシコ、ブラジルで果樹として栽培されている。

詳細

Citrus Medica
シトロン / マルブシュカン

成木で高さ2.5~5mになる小高木または常緑低木である。短い葉柄がある葉はシンプルで互生し、楕円形から槍型、最大18cm。香り高く、程よい大きさの白または紫の花を小さな房状に咲かせる。レモンによく似ているが、サイズはかなり大きい。レモンよりも果汁が少なく、皮が厚く、香りが高く評価されている。

詳細

Citrus Latifolia
ライム

ペルシャレモン、タヒチライム、クレオールレモン、ペルシャライム、メシナレモン、種なしレモンとも呼ばれ、当社の品種はベアーズライム。
アメリカなど多くの市場では、単にライムとして売られている果物である。
果実は直径約6cm. で、先端がやや尖っていることが多く、通常は緑色で販売されているが、完熟すると黄色になる。

詳細

Citrus medica var. Sarcodactylis
ブッシュカン

ブッシュカンは、果実が指状に裂けているユズの一種である。低木もしくは小高木で、不規則な長い枝は棘で覆われている。長楕円形の葉は淡い緑色で、長さ10~15cmになる。白い花の外側は紫色を帯びており、香りのよい房状に成長する。成熟期と収穫期は9月から3月。果実は皮が厚く、酸っぱい果肉は(もしあったとしても)ほんの少しで、果汁がなく、時には種もない。非常に香りがよく、中国や日本では主に部屋や衣類など身の回りのものの芳香剤として使われている。

詳細

Citrus Paradisi
グレープフルーツ

ポメロやトローニャと呼ばれることもある、ミカン科の樹木で、果実としてはザボン、グレープフルーツ、ピンクグレープフルーツが栽培されている。17世紀頃、カリブ海の農園で、ブンタンとスイートオレンジ(Citrus × sinensis)の間に自然発生した雑種だと考えられている。

詳細